21世紀の自然生活人へ―The Cold Mountain's Letters

日本語の文章で、個人的にもっとも好きなのは田渕義雄さんのそれ。 小説家ではないし、エッセイストでもな...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古道具 中野商店

西東京の街の古道具屋「中野商店」、そこに集う人々。 それぞれのじれったい恋のようなもの、あるいは恋そ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンジュール-ある犬の物語

有名な絵本らしいのだが、まったく知らなかった。 でも、絵には見覚えがある。TVCMで見た時から気にな...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食べてはいけない! ペットフード大解剖 愛犬編

書店には会社帰りに毎日立ち寄るのだが、最近はamazonを利用することも多くなった。 早ければ注文し...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大好きだるまー

大橋歩さんは黒ラブのだるまーと暮らしている。 だるまーとのてんやわんやの日々を綴ったこの本は、著名人...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ

これまでの常識を覆す驚愕のしつけ理論が展開されている、という評判を聞いて読み始めたのだが、まったくそ...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

動物記

現代日本の「シートン動物記」とも言うべき作品。 誠実な文章で、捨て犬や人間のエゴが動物を苦しめる不条...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Say Hello!  あのこによろしく。

糸井重里氏の前書きがこの物語の魅力のすべてを表しているので以下引用します。 この本は、出会いと別れの...

» Continue reading

| | Comments (2) | TrackBack (0)

号泣する準備はできていた

身を切るようにせつない恋愛の本質を的確に描いた小説は、同性同士のそれを題材としたものであることが多い...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いま、会いにゆきます

あまりにも有名になったこのいささか感傷的に過ぎる小説のテーマは、「選択」ではないか。 小説のヒロイン...

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«バベルの犬