21世紀の自然生活人へ―The Cold Mountain's Letters

日本語の文章で、個人的にもっとも好きなのは田渕義雄さんのそれ。
小説家ではないし、エッセイストでもない。いわゆるアウトドアライターのはしりのような作家である。
長野・川上村に、十数年前から暮らしているそうだ。
色とりどりのハーブや野菜が植えられた菜園に囲まれ、自作の家具や古い道具達が静かに配置された、森暮らしの家はため息がでるほど美しい。
都会的で、快楽的で、自然回帰的な、ソローヴィアン。
そんな言葉誰も知らなかった時代から、LOHASな生活やってたんだよね。
その孤独癖ゆえに、あまり評判は芳しくないという噂もあるようだが、とにかくぼくは彼の文章がスキ!

一文一文を連ねたリズムで一遍の詩のように文章を構築する人だから、断片的に抜き出すのは気が引けますが、この本ではこんな感じ。

散歩は冬の自然趣味。しんみりと物思いながら、あてどなく歩くのはいい。
生きていることの淋しさを踏みしめながら歩くのがいい。
存在は淋しい。しかし、この淋しさ故に、詩があり、絵があり、音楽があり、そして自然趣味がある。淋しさのない趣味にはろくなものがない。憂いのない女には美しさがない。
-中略-
散歩はいい。人も犬も、歩くことによって、肉体と心が健全になるのだと思う。

この本は雑誌の連載を単行本化したものである。
執筆された当時、地下鉄サリン事件が起きた。
村上春樹さんと同じように、孤独なこの作家も、事件を契機として自らのスタイルで社会へコミットメントしていくことを考えはじめるくだりには、胸を打たれた。

愛犬の次郎が、たびたび登場します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大好きだるまー

大橋歩さんは黒ラブのだるまーと暮らしている。
だるまーとのてんやわんやの日々を綴ったこの本は、著名人の愛犬本としてはぼくの一番のお気に入り。

あれこれ悩んだり、わははと大笑いしたり、犬がいる家庭はいずこも同じだなー、となんだかほんわかとした気分になれるのです。

more

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Say Hello!  あのこによろしく。

糸井重里氏の前書きがこの物語の魅力のすべてを表しているので以下引用します。

この本は、出会いと別れの本です。 この本は、おかあさんの本です。 この本は、赤ちゃんの本です。 この本は、家族の本です、ともだちの本です。 遊びの本です。眠りの本です。 生と死の本です。笑いの本です。愛の本です。

なにかいやなことがあって、
苦虫をかみつぶしたような顔をしていた人でも、
この本のページをめくっているうちに、
「生きるって、わるくないね」と、
ついつい思ってしまう本です。
そういう魔法がこめられた本なのです。

more

| | Comments (2) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

しつけ・行動学 | エッセイ | 小説 | 絵本 | 食事